こんにちは、モンゴリアンです。

近年「メディカルアロマ」と言う言葉が注目されていますよね。

アロマテラピーと医療を組み合わせた療法の事ですが、その中でもドテラは貪欲に研究されてます。

 

今回はメディカルアロマがケアする時代の背景や、ドテラの高い健康意識・研究について特集していきたいと思います。

 

医療分野で広がるメディカルアロマ

アロマ(芳香)を使った健康法は大昔から存在しています。

インドの「アーユルヴェーダ」はその代表的なもので、インドでは伝統医学として認知されています。

所謂アロマテラピーが私たちが知るメディカルアロマの入り口です。

アロマテラピー自体も結構古く、1928年にフランスの科学者、ルネ・モーリス・ガントフォセが実験中に火傷をし、その治療にラベンダーの精油を使ったのが始まりとされています。

 

1961年に精油を植物油に希釈してマッサージする方法が編み出され、現代に至っています。

「精油」とはエッセンシャルオイルの事で植物が産出する揮発性の油の事を指します。

 

当然元の植物で香りは違いますが、その香=芳香を医療に役立てようと言うのが「メディカルアロマ」と捉えていいと思います。

主にリラックス効果を高めることを主眼としていますが、科学的データの積み重ねがない為、あくまでも代替医療にとどまっています。

「代替医療」とは通常の医療の替わりにするもので、現在では補完医療と併せて「統合医療」と呼ばれています。

厚生労働省によると、「統合医療は近代西洋医学と補完・代替医療や伝統医学と組み合わせて行う療法」と位置付けられています。

 

こうした背景もあって全国で「メディカルアロマ」としてエッセンシャルオイルを使用するところが出てきています。

すこしご紹介しておきます。

 

●千葉県ガンセンター
入院患者さんの部屋にラベンダーのエッセンシャルオイルをおいて眠りを促進させる

●赤坂溜池クリニック 心療内科、精神科
診察前にエッセンシャルオイルの香りを香らせる

●八街こどもクリニック
アトピー性皮膚炎の治療にエッセンシャルオイルの軟膏を塗る

 

その他にも少しづつですがメディカルアロマを取り入れる医療機関が増えてきているようです。

ただ今あげた医療機関が継続中かどうかはご自分で確認願います。

 

ドテラのウエルネスピラミッドなら健康を見直せる

上の表はドテラのウエルネスピラミッドを図式化したものです。

簡単に言ってしまうと、正しい生活習慣を保てれば健康は維持できると言う事です。

 

ライフスタイルである、下の4つは「生活習慣病」の予防と同じコンセプトと言えます。

1つ1つを詳しく見てゆきましょうか。

 

●正しい食事
正しい食事をしましょうと言われるほど今の食習慣は乱れています。
6才から12才の子供4割が毎日は排便しないと言う報告があります。
これは、ファストフードやスナック菓子などの取り過ぎで腸内環境が
乱れている事を表しています。
食事は健康の基本です。

 

●運動
言うまでもなく多くの人が運動不足です。
少なくとも1日30分以上のウオーキングをお勧めします。
それが無理な方は、出来るだけ歩く機会をふやしましょう。

 

●休養とストレス管理
疲労の回復には睡眠が一番。7時間の睡眠をが望ましいとされています。
できない場合は「昼寝」。15分前後のショートスリープで充分。

 

●有害物質の減少
いわゆる「デトックス」のことですが、殆どの有害物質は尿と汗で排泄されます。運動やお風呂でできるだけ汗をかきましょう。

 

以上の事を踏まえたうえで、ちょっと調子が悪いなと感じたら早めに医療機関受診し適切な治療を受けることです。

早期発見できれば「ガン」も治る時代です。

 

統合医療で有名なDavid Hill(デイビッド・ヒル)博士の研究が凄い!

ドテラには「科学諮問委員会」(SAB)と言うものがあって、エッセンシャルオイルや長寿と健康の専門によって構成されています。

SABの現在の委員長は、ドテラメディカルアドバイザー主任のデイビッド・ヒル博士

デイビッド・ヒル博士は公認カイロプラクティック医師です。

テキサス州ダラス市にある、パーカーカイロプラクティック医師の学位を取得しました。

ヒル博士は「統合医療」の草分け的存在で、先駆者でもあります。

 

SABには他に、統合生物学の理学修士号を取得したニコール・スティーブンス博士、自然療法医で生化学者でもあるマーク・ペダーソン博士が研究協力者として在籍しています。

彼らはエッセンシャルオイルの医学的効果を証明するため、エッセンシャルオイルの制癌作用の可能性がある成分を識別するなどの研究を行っています。

 

また、精油業界の先駆者Dr. Papas(ドクター・パパス)氏にも認められてます。

彼は、アメリカのテネシー大学で化学のPh.D(博士号)を取得し、2000種以上のフレグランスを開発。アメリカで精油の化学を教える教授としてエキスパートな存在です。

この方に認められるアロマってそうそう無いのではないでしょうか!?

 

最終的には西洋医学との統合を目指し、データの収集に努めています。

そう遠くない将来には、サプリメントを含む製品が特定の疾患に効果をもたらす結果を生むのではないかと言われています。

 

薬には副作用が付きまといます。

仮にドテラのボタニカル由来の製品が医療効果を持ったとしても恐らく副作用の心配はないと思います。

私は専門家ではないのでなんとも言えませんが、イチ愛用者としてこれからも使えるアロマだと確信しております。

 

この記事を書いた人

モンゴリアン
モンゴリアン
常にライフスタイル・ライフハッカーの探究をしております。

健康マニアとして様々なメディアで情報発信中。

実際にドテラの商品を使って、商品の効果や健康エピソードを紹介していきたいと思います!




【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓