こんにちは。薬剤師のピノ吉です。

私は自他共に認めるぎっくり腰の常連です。

 

・ソファから立ち上がりギックリ

 

・くしゃみをしてギックリ

 

・床のエンピツを拾い上げてギックリ

 

・洋式トイレで立ち上がろうとしてギックリ(←この場合、助けを呼ぶのが恥ずかしい)

 

こんな感じで日常的にぎっくり腰が多発しております。そしてそのぎっくり腰フリークの私が認める最強のアロマとその使い方を伝授したいと思います。

 

ぎっくり腰とは

初めに、ぎっくり腰のことを解説しておきましょう。

 

ぎっくり腰は、正式には急性腰痛症(きゅうせいようついしょう)と呼びます。急性腰痛症は、いきなり腰に痛みが走る病気で、腰のねんざ症状や筋肉の損傷、炎症などが起こったときのことをいいます。

 

このぎっくり腰の痛みは例えようもありませんが、筋肉痛の超ひどいやつ、という表現が一番適切かもしれません。

 

原因は加齢や筋肉の衰え、骨密度の低下、ストレスが原因とされています。

 

ぎっくり腰になったら私はこのアロマを使う!

お待たせしました。さっそくぎっくり腰歴20年以上の私が使っている救急アロマを紹介したいと思います。

それは。。。

 

ディープブルー

「香りの冷湿布、リカバリー ブレンド」
クールな鋭い香り。スポーツや立ち仕事の後、
やさしくすりこむと、爽快感が広がります。

引用 ドテラ社のカタログより

香りの冷シップとは良く表現したものです。中身は

 

ウィンターグリーン / カンファー / ペパーミント / ブルータンジー /

ジャーマンカモミール /ヘリクリサム / オスマンタス

 

ペパーミントやカモミールといった有名な精油から、薬剤師の私もよく知らない精油までも配合されているようです。

 

続いてディープブルーの使い方↓

 

ぎっくり腰の応急手当はこうする

ぎっくり腰になったら絶対安静ってゆう人もいますが、それは腰の骨折の可能性がある場合のみ。通常のぎっくり腰になったあとは、なるべく動かすことが早く回復する一番のコツとなります。

 

そしたら時系列で対処法を解説していきますね。

 

ぎっくり腰発生!!

助けを呼ぶ、そしてドテラ社のアロマ「ディープブルー」を持ってきてもらう

ディープブルーを腰回りにまんべんなく塗ってもらう

腰を痛くないところまで動かす。

 

体勢としては、

このうつ伏せ状態から↓

四つん這いになったり↓

 

腰を丸めて背筋を伸ばしたり↓

 

お尻を上げるようにしたり↓

これらを繰り返します。

 

最初はツライけどだんだんと慣れてきます。

これをしておくと次の日のぎっくり腰の状態が全く違います。

 

ディープブルーを塗る

うつ伏せ⇒痛くないところまで腰を動かす

立ち上がれるようになったら、腰に手を当てて腰回し(フラフープを回すような動き)をゆっくり行う

 

これの繰り返しです。

そしてその日はお風呂の湯舟には入らないで下さい。患部を温めると炎症が引きませんのでシャワーで済ませます。

 

なぜこの応急処置をすすめるのか?

薬剤師のピノ吉がなぜこの応急手当をすすめるかと言うと、20年以上のぎっくり腰フリークの私が試して効果を感じるというのと、あとは痛みに対する香りのアプローチを大切にしているからなんですね。

 

痛みに対する香りのアプローチって何?

ここで、痛みに対する香りのアプローチという意味を説明しておかないといけません。

 

今から15年以上前、私が薬剤師になりたての頃、肩や腰に貼るシップの多くは

 

メントール臭

 

が、すごかったんですね。ツンとするにおいです。苦手な人も多いはず。

でも当時、このメントール臭のするシップしか存在しなかったんですよ。その頃は、シップを外から見えない服の下に貼っていても臭いですぐにバレたものです。

 

ツンとするニオイで、

「あれ?大丈夫?どこか痛いの?」

こんな会話がよくなされていました。

 

でも時は流れ、ニオイの無いシップが登場すると、市民はそちらばかりを選ぶようになり、現在ではメントール臭のするシップはほとんど販売されなくなってしまいました。

 

では、今から15年前の製薬メーカーは、皆に嫌がられるシップ臭の成分をなぜシップ本体に練り込んでいたのでしょうか?

 

それはシップの臭いには、肩こりや腰痛を治す効果があるからなんですね。

 

シップの臭いのするシップを患部に貼る

患部の痛みがとれる

シップの臭いを嗅ぐ

痛みを散らす

 

こんな感じで、ツンとする臭いのついたシップは、

 

シップを貼った患部と、鼻の2か所

 

に作用して患者さんの痛みをとっていたんですね。

ところが現在のニオイのないシップは、貼った患部だけにしか効きません。

ニオイの無いシップは、効果が半減しているんですよ。

 

現代人はニオイを捨てるのと同時にシップの効能まで捨てていたんですね。

もったいない話です。

 

まとめ

今回はぎっくり腰の常連である私が推奨するアロマとその使い方を解説しました。

 

今回紹介したドテラ社のアロマ「ディープブルー」はメントール臭がすごいです。

そして先にお話ししたとおり、そのニオイにこそ大事な効能があります。ぎっくり腰のときや普通の腰痛のときでも、そのツンとする刺激的な香りを存分に楽しみながら少しずつ腰を動かしていって下さい。

 

実際、ぎっくり腰から復帰するまでの期間は長い人で1週間くらいかかるんですが、私はほんの2日で治ります。まあ私はぎっくり慣れしているからとはいえ、適切な対処でぎっくり腰からすみやかに復帰できますので、皆さんも是非お試し下さいね。

薬剤師ピノ吉でした。

 

使用上の注意点
使用前にパッチテストを行って確認してください。
敏感肌の方は、キャリアオイルとご一緒にご使用ください。
お子様の手に届かない場所に保管してください。
妊娠、または授乳をされている方は、かかりつけの医師にご相談の上、
使用してください。
目や耳に入らないようにご注意ください。
ご使用に関しましては、ご自身の判断責任になります。

この記事を書いた人

ピノ吉ピノ子
ピノ吉ピノ子
ピノ吉は薬剤師、ピノ子は看護師。子供は5人。アロマ好きな医療系夫婦。ネットビジネスもしていて毎月の自動収入(不労所得)があります。

私たち夫婦がどうやって不労所得を手に入れたか、それはあるネットビジネスの教材を使ったからです。もし興味があれば、下記のサイトにて今だけ無料でその教材が手に入りますのでチェックしてみて下さいね。初心者でも取り組めるように無料サポートも付いてますから、私たちのような会社員だけでなく、主婦の方でも在宅でどんどんお金を稼いでいるんですよ(^_^)

ネットビジネスの教材を無料で手に入れる

↑ページ中盤か最下部の「無料登録はこちらから」をクリックし、メアド登録後、すぐにネットビジネスの教材サイトへのURLとパスワードが発行されます。

ネットビジネスよりもアロマに興味がある方は、私たち夫婦も使っている高品質アロマが格安で手に入る専用公式サイトへご招待します。会員登録するだけでアロマが割引価格で購入できます(会員登録しなくても商品は買えます)。詳細はこのまま下へ進み「ドテラ製品の購入はコチラ」をクリックして下さい↓↓↓




【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓