「ドテラ」ブランドのエッセンシャルオイルの「脂肪燃焼」パワーで、自律神経のバランスを整えてやせることが出来るかも!

あなたはこれまで脂肪を燃焼させるために、ダイエット商品が紹介されるたび色々挑戦されてきたかも知れません。

 

糖質制限ダイエット、TVではビリーの「ブートキャンプダイエット」、ココアダイエット、ロングブレスダイエット。。。

 

色々ありますね。どれが一体効果的な脂肪を燃焼できるダイエットなんでしょう。

 

ここらでちょっと冷静になって、脂肪燃焼やダイエットに関する正しい知識が必要ではないでしょうか?

例えば、いつも運動などをがんばって、食事にも気をつけている方がいらっしゃると思います。

でも、定期的に過食をしてしまったりして、それでも実は栄養不足が疑われる方がいます。

また、睡眠時間もしっかり確保できないような状況の中で、ダイエットを頑張っているかたもいらっしゃいます。

しかし、過食があるような状態で運動や食事制限をしても無駄なのです。

過食をしない状態を作って初めて運動や食事制限などの効果が発揮されます。

ほとんどの人はこの順番を間違えてしまいます。

そうなると、痩せないどころか体調を崩してリバウンドすることになるのです。

そうならないようにするためにも、しっかりと現状を把握して、

「自分が何をすべきときなのか?」

ということを見極めることが大切です。

 

 

まず間違いと一歩目は、ほとんどのダイエット法がカロリー計算を利用して、脂肪燃焼(糖質制限ダイエットで)を目的としているという点です。

 

 

ですがここで不思議だと思いませんか。

 

メタボ検診でもそうなんですが、普通一人当たりの平均カロリーを計算します。

 

しかしこれはあくまで目安であって、立ちっぱなしの人とデスクワークが多い人とは違っているはずです。

 

当然肉体労働をしている人とデスクワークに必要なエネルギー量は大きく違ってきます。

 

明確な基準は数値化(メタボ検診も)しづらいはずですよね。

 

世間に多くあるダイエット法はカロリー計算から組み立てられることが多いのです。

 

食事を細かくカロリー計算をして「脂肪燃焼」のダイエットしているのになかなか効果が出ないということは、個人の必要カロリーが計算しにくいことが原因の一つではないでしょうか。

 

脂肪燃焼には個体差があるということですね。

 

本来のその人の適正カロリーをしっかりと計算してダイエットするのは、非常にむつかしいのです。

 

もっと詳しくドテラのアロマビジネスについて知りたい方はこちらへおすすみ下さい

   ↓    ↓
コンテンツマスター塾ZERO

 

 

脂肪を敵と思っていませんか?「ドテラ」のレモンアロマで脂肪燃焼のサポートをする!?

 

例えば、あなたはもしかして脂質を敵視していませんか?

 

以前私も油の取り過ぎはすぐ肥満の原因になると思っていました。

 

確かに油は1g当たりの燃焼エネルギーが糖質より高いです。

 

ということは、逆に良質の油を上手にコントロール出来れば、糖質ダイエットの様に体に負担を感じずに脂肪燃焼できてダイエット出来ますよ。

 

脂肪をエネルギー源とする場合、1~2ヶ月ほどの間であれば水だけで生活できるという報告もあります。

 

糖質のブドウ糖だけでは、1~2時間の短い時間でエネルギーを使い果たしてしまうのです。

 

それに脂質の一部は、ケトン体というものになり、脳や筋肉などの組織のエネルギーとなります。体内で余った脂肪やたんぱく質を材料にして糖質を作ることができます(糖新生)

 

ライザップのダイエットの「脂肪燃焼」運動ってなぜ効くの?

 

ライザップ、流行ってますね。

 

TVで見ると、すごくつらそうな運動をしている感じがします。

 

でも、本当にあんなつらそうな運動が必要なんでしょうか?

(運動とエネルギー消費量)

 

 

水泳を30分やって、メロンパン半分のカロリー消費しか出来ないとなると、3ヶ月で10キロやせ手脂肪燃焼をしたいあなたは、どれだけ運動しますか?

 

つらい運動は、トレーナーがいる間は出来ると思うんですが。。。

 

知っている方もいらっしゃるとは思いますが、ライザップでやせる理由は、徹底した糖質制限です。

 

つまり、低糖質ダイエット(糖質制限ダイエット)、低炭水化物ダイエットと呼ばれる食事方法にあります。

 

 

 

ライザップに入ると、担当者、トレーナーがつくわけですが、具体的に報告する内容は、

朝昼晩の食事時間、食べたもの、その写メ、体重や起床した時間などです。

 

またダイエット期間中に食べていいもので、肉や卵、魚介の種類

「鶏肉、牛肉、豚肉、肩ロース、刺身、さんま、アジ、」とかになっています。

 

やさい、きのこ類では、「もやし、ほうれんそう、しいたけ、きゅうり、大根、きゃべつ、えのき、」などです。

 

また、豆類、海草類では、「ところてん、厚揚げ、もずく、わかめ、豆腐、納豆、のり」

調味料では、「オリーブオイル、ごま油、バター、塩」はOKです。

 

一方、食べてはいけないのは

「はんぺん、さつま揚げ、佃煮、きんぴらごぼう、じゃがいも、さつまいも、果物、つぶあん、はるさめ、ビール、日本酒、」など。

 

少量ならいいのが、

「ロースハム、ウインナー、明太子、うなぎ、にんじん、ごぼう、マヨネーズ、しょうゆ、」などとメニューにありました。

 

目安ですが、2ヶ月で10キロやせたい場合には、

一日の消費カロリーを計算して、そこからマイナス800キロカロリーにして下さいとのこと。

 

またお酒は、週2,3回程度にしないと、肝機能を損ない、ダイエットの敵となります。

 

いずれにしても、たんぱく質を優先して食べるわけですが、当然食べすぎはいけません。

たんぱく質の分解には、肝臓を使いますので、肝機能障害を起こしては意味がないのです。

 

同程度の肉の量かといえば、1日100gまでだそうですよ。

100gのたんぱく質は、牛ステーキで600g位です。

 

これらのきびしい糖質制限ダイエットの結果、短期間にびっくりするほど痩せられるのは事実だと思います。

ですがここに落とし穴があります。

 

そうです、リバウンドです。

 

もっと詳しくドテラのアロマビジネスについて知りたい方はこちらへおすすみ下さい

   ↓    ↓
コンテンツマスター塾ZERO

 

 

なぜリバウンドするか不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、全然かんたんな理屈です。

 

ホメオスタシスが働くからです。

体の持つ恒常性維持機能です。

 

例えば、体温って上がろうが下がろうが、後では平熱に戻りますね。

また、心臓はいつも同じ鼓動をしています。

一時的に変化があっても、体には元に戻そうとする強烈な働きがあります。

それがないと、逆に困りますよね。

 

ですから、急激な変化(脂肪燃焼)に対しては、リバウンドするのが普通なんですね。

 

だったらどうすればいいんでしょうか?

 

脂肪を燃焼してうまくダイエットするには、自律神経の安定化、つまりホルモンのバランスを取るのがキーなのです

 

上のホメオスタシスをコントロールしているのがホルモンと自律神経なのです。

(ここ大事)

例えば食べ過ぎて体重が増えたとしますね。

これは体にとって異常な状態です。

 

そこで体は、「レプチン」という代謝を促進したり食欲を抑えるホルモンの分泌をして体重を減らそうとします。

 

一方自律神経も、代謝を促進する交感神経を刺激して体重を減らそうとします。

 

ホルモンと自律神経の働きが、体重増加にストップをかけてくれるのです。

ですから、これら二つを整えることがダイエットには重要なことになりますね。

 

自律神経を整えて、脂肪燃焼を起こすコツは?

 

もうすこし詳しく説明しますね。

 

一般的には、痩せるためにはカロリー計算が必要だと考えられています。

しかし実際には、カロリー計算は必要ありません。

 

体内におけるカロリーは食事制限などによって意図的にコントロールしようとしても
難しいためです。

 

自動的にコントロールされているカロリー量の調整を意図的に行うのは無理です。

そのため、ダイエットにカロリー計算は必要ありません。

 

そこで今「ダイエットにカロリー計算が必要ない理由」について解説します。

ダイエット中にカロリーを計算する意味

ダイエット中は、どうしても食べ物のカロリーが気になりますよね?

 

それでは、なぜダイエット中にカロリー計算をするのでしょうか?

カロリー計算は食べる量を調整するため

カロリー計算をするのは、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすためです。

消費されるカロリー以上に食べなければ体重は落ちます。

体に蓄積されている脂肪を分解して食べない分のエネルギーを補うためです。

 

例えば、1日の消費カロリー量が2,000キロカロリーだったとします。

このとき、1日に1,500キロカロリーしか食べなければ単純計算で500キロカロリー不足します。

 

その不足分のエネルギーが、脂肪を分解して作られるのです。

 

このように、消費カロリーに合わせて食べる量を調整するために、カロリー計算をします。

ダイエットにカロリー計算が必要ない理由とは?

一見すると、カロリー計算によるダイエットは正しいように思えるかもしれません。

実際に、カロリー制限をすると体重は減ります。

 

だから、ダイエットを成功させるためにカロリー計算は必要ないのです。

カロリーは食欲と代謝で調整される

カロリー制限は、食べる量を意図的に減らすことでカロリーを調整します。

 

一方で運動は、運動量を意図的に増やすことでカロリー量を調整しますね。

 

意図的であろうがなかろうがカロリーは、主に食欲と代謝によって調整されているのです。

 

例えば、摂取カロリーを減らすためには食欲を我慢しなければいけません。

そして、消費カロリーを高めるためには運動によって代謝を上げる必要があります。

 

このように、カロリーは食欲と代謝によってコントロールされています。

食欲と代謝は無意識下で調整される

しかし、食欲と代謝を意図的に調整してカロリー量をコントロールするのは不可能です。

 

カロリーが不足すると、体を動かすエネルギーが無くなってしまいます。

そのため、カロリーが不足しないように自動的に食欲と代謝が調整されているのです。

 

例えば、カロリー制限をして摂取カロリーを減らすと、食欲の増進と代謝の低下が起こります。

 

食欲が強くなって食べればカロリー不足は解消しますし、代謝が下がれば消費カロリーが減るためカロリー不足になりにくくなります。

 

このように、カロリー制限をすると食欲と代謝によってカロリー不足とならないように
調整されるのです。

 

ただ、こうした食欲と代謝の調整は無意識下で行われます。

食欲と代謝は「自律神経」によって自動的にコントロールされているためです。

 

食べた後の満腹な状態のときに食欲を強めたり、何日も食べていないのに空腹を消したりするのは難しいですよね?

 

また、意図的に代謝を高めるのが難しいのも理解できるはずです。

 

このように、食欲と代謝は無意識下でカロリー不足とならないように調整されています。

意図的にカロリーを調整するのは不可能です

はっきりいって、カロリー制限や運動などで意図的にカロリーを調整するのは不可能です。

 

カロリー不足は体にとって危険な状態であるため、必ずカロリー不足を解消しようとして
食欲の増進と代謝の低下が起こります。

 

すでに述べたように、こうした食欲と代謝によるカロリー調整は、自律神経によって
自動的に行われています。

 

それを、カロリー制限や運動によって意図的に調整して痩せようとするのが不可能であるのは、想像できるはずです。

 

例えば、自律神経は血管を広げたり、心臓の拍動を変えたりして血圧を調整しています。
あなたは、血圧を意識で調整できるでしょうか?

 

意図的にカロリー量を調整するということは、血圧をコントロールすることと
同じくらい難しいと考えてください。

 

このように、カロリー調整は自律神経によって無意識下でコントロールされています

そのため、意図的にカロリー調整をして痩せることは難しいです。

 
こうしたことから、ダイエットにカロリー計算は必要ないといえます。

 

もっと詳しくドテラのアロマビジネスについて知りたい方はこちらへおすすみ下さい

   ↓    ↓
コンテンツマスター塾ZERO

 

 

ドテラのアロマの香りが脂肪燃焼やダイエットを助けるパワーがある!?

自律神経を整えるアロマには、色々な種類があります。

その中でも、特に脂肪燃焼効果の高いアロマをいくつか紹介したいと思います。

 

食欲を抑えたい時にはグレープフルーツを

グレープフルーツに含まれるリモネンは、代謝を上げ、同時にコレステロールを減らします。

特に体の内側から効いてくれ内臓脂肪を減らすのに効果的であるため、ダイエットに励む方の強い味方です。食事前ににおいをかぐのが効果的です。

 

脂肪を溶かす交感神経を刺激し、「うつ」な気分を飛ばすレモン

いうまでもなく、レモンの香りが神経を刺激して活発化してくれます。

何かやる気がでないとかおっくうになっているのは、副交感神経優位になっています。

そこでレモンアロマですっきりしてくださいね。

 

脂肪燃焼には「フェンネル」がおすすめ

古代ギリシャでは、ギリシャ語で「細くなる」を意味する言葉で呼ばれていました。

ギリシャ人は、フェンネルをハーブティーをダイエットティーとして利用していました。

体のバランスを整え、老廃物の排出をサポートします。

 

ユーカリ・ディベスによる脂肪燃焼

ユーカリペパーミントと呼ばれます。

集中力がアップしてリフレッシュでき、神経を刺激します。

むくみ解消に役立ちます。

ケトン体を多く含むので、脂肪を減らすことができます。

 

ローズマリー・ベルベノンが脂肪を燃やす

万能薬と考えられていたハーブの1つです。

ローズマリーは若返りの象徴ともされています。

ベルベノンというケトン体を多く含んでいます。

ストレスなどによる精神疲労や心のこわばり、イライラ・不安・憂鬱など

情緒不安定な際に有効です。

 

ジュニパーで体の余った水分を出す

水太りなんていやですね。

そこでジュニパーです。

 

ジュニパーの一番の性質は「浄化」です。

心には、ネガティブな感情やわだかまりを押し流し、浄化させてくれる力があります。

 

サイプレスのセルライト燃焼効果

体内の水分を調整する機能があるため、老廃物の排出、むくみやセルライトの除去にも効果的です。

婦人科系のトラブルにもよく、月経の不調や更年期にもいいと言われています。

 

まとめると

以上、糖質制限ダイエットや、やせるホルモンの仕組み、やせる効果のある植物をいくつか紹介しました。

 

アロハの種類は本当に多いので、これだけではありません。

 

やせるパワーのあるアロマ植物は未だに発見されつつあります。

体と心に効くアロマオイルを使って、健康的な美を手に入れてくださいね。

 

「体のバランス」を整えるドテラの高級アロマを安く使ってみる

 

さらにもっと詳しくドテラのアロマビジネスについて知りたい方はこちらへおすすみ下さい

   ↓    ↓
コンテンツマスター塾ZERO

 

使用上の注意点
使用前にパッチテストを行って確認してください。
敏感肌の方は、キャリアオイルとご一緒にご使用ください。
お子様の手に届かない場所に保管してください。
妊娠、または授乳をされている方は、かかりつけの医師にご相談の上、
使用してください。
目や耳に入らないようにご注意ください。
ご使用に関しましては、ご自身の判断責任になります。

 

「参考記事」まずはラベンダーのアロマが使いやすいかも。。。

 

この記事を書いた人

TAKA
TAKA
慶応義塾大学在学中に起業。

その後レディスアパレル事業を25年経営。
現在は、Webビジネスをしながらドテラに参加しています。

出会う方に話を伺いながら、学んでいきたいと思っています。


ネットビジネスの教材を無料で手に入れる 
↑ページ中盤か最下部の「無料登録はこちらから」をクリックし、メアド登録後、すぐにネットビジネスの教材サイトへのURLとパスワードが発行されます。

「ネットビジネスよりもアロマに興味がある方は、私が普段使っている”高級エッセンシャルオイル”が格安で手に入る公式サイトへご招待します。
会員登録するだけでアロマが割引価格で購入することができます」

詳細はこのまま下のページへ進み「ドテラ製品の購入はコチラ」をクリックして下さい   ↓  ↓  ↓



TAKAの詳しいプロフィールはこちら

全ての内容についてご質問があれば、
「dotera.info についてお問い合わせ」とお書きいただき、
”yurizou24@gmail.com"
まで、すぐご連絡ください。




【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓