こんばんは、シャンピニオンです。

 

テレビや雑誌等のメディアで

MLMもねずみ講も、悪徳マルチ商法も

全て一緒のような感じで取り上げられがちです。

 

実際、アムウェイのセミナーを聞きに行ってみたときの

間接的な勧誘も激しかったですし

 

そのあともたびたびLINEが来て

そのたびに既読スルーしていましたが

あまりにしつこいのでブロックしました。

 

表面的にはアフィリエイトで稼ぐと謳っていた

FLM(フューチャーリンクマルタ)という組織の

説明会を聞きに行ったときも

 

オンラインカジノゲームのアフィリエイトをしていると説明がありましたが

そんなのは名ばかりで、結局は参加者の参加費で回しているだけでした。

 

僕自身、そういった経験もあり

ドテラに参加するまでは

 

MLM=怪しい・詐欺

 

みたいなイメージでしたし

違いも良く分かっていませんでした。

 

なので、今回は

MLM・ねずみ講・悪徳マルチ商法の違いをお伝えします。

 

MLMとは?

MLM(Multi Level Marketing) とは

マルチレベルマーケティングの頭文字を取って作られた造語です。

 

日本ではネットワークビジネスと同じ意味で使われていて

特定商取引に関する法律に定められている

連鎖販売取引に該当するビジネスモデルです。

 

法律で認められている合法ビジネスであり

三基商事・シャルレ・イオン化粧品など

数多くの大手企業も参入しています。

 

この販売形態は、店舗を持つ必要がなく

口コミで販売していくスタイルであるため

宣伝広告費をかけなくて済みます。

 

なので、販売コストを安く抑えられ

利益が出やすい仕組みになります。

 

ねずみ講とは?

ねずみ講正式名称は

無限連鎖講です。

 

ねずみ講は、商品が存在せず

お金だけがやり取りされる組織のことを指します。

 

入会する際に、主催会社に多くのお金を払いますが

このお金が上位会員へと分配されます。

 

つまり、下位会員から集められたお金が

上位会員へと分配されているわけです。

 

したがって

多額の参加費を払ってくれる人を組織に加入させることで

利益が出せるようになるということです。

 

なので、ねずみ講では

新規会員が無限に増え続けることが必須の条件となります。

 

でないと、上位会員への配当が無くなってしまうためです。

 

これが無限連鎖講という名前の由来です。

 

人口には限りがあるので、最後に入った人が必ず損をします。

 

日本ではねずみ講は無限連鎖講防止法という

法律によって禁止されていて

主催企業だけではなく、参加者も法的に罰せられます。

 

悪徳マルチ商法とは?

悪徳マルチ商法は

マルチまがい商法とも呼ばれることがあります。

 

”マルチ”という言葉に対して

あまり良いイメージを持てない方もいるかとは思いますが

マルチという言葉そのものには”多くの・たくさんの”

という意味があります。

 

マルチタレントやマルチプレーヤーなど

良い意味で使われることも多いです。

 

マルチ商法自体は合法なので

マルチ商法自体が悪いわけではありません。

 

問題なのは

悪徳マルチと呼ばれる会社です。

 

・商品の価格に対して、品質が著しく悪い

・商品の価格が常識の範囲を超えている

・商品(サービス)の解約や返品に応じない

・会員のランクアップのために無理矢理商品を買わされる

 

など、悪徳マルチとはそのほとんどが

特定商取引法の連鎖販売取引に違反している悪質な会社です。

 

マルチ商法そのものが悪いわけではなく

法律を違反し、消費者に被害を与えていることが問題なのです。

 

特定商取引法で一番多いものは

前回の記事にも書きましたが

”不実の告知”というものです。

 

不実の告知とは

ある意図をもって事実とは異なることを伝える行為のことで

 

・今加入すれば必ず儲かりますよ

・これを飲めばガンが治りますよ

 

などの勧誘行為です。

 

取り締まりの対象となった多くの企業が

不実の告知をしています。

 

2年ほど前にナチュラリープラスというMLM会社が

特定商取引法違反で9ヶ月の業務停止処分を受けました。

 

認定された違法行為は

勧誘目的等の不明示、商品の効能に関する不実告知

重要事項不告知、特定利益に関する不実告知

公衆の出入りしない場所での勧誘、迷惑勧誘

の6つでした。

 

このような報道もあり、正しいマルチ商法と

間違ったマルチ商法を一緒にしてしまう人が多いのです。

 

ネットワークビジネスにマイナスイメージを持つ人が多い理由

・組織がピラミッド形態だから上位だけが儲かるという誤解

MLM・ネットワークビジネスだけではなく

一般企業や公務員、流通の世界でも

世の中の組織のほとんどはピラミッドの形をしています。

 

例えば、会社のトップは会長で

社長→専務→常務→部長→次長→課長→係長…

 

という風に組織は

ピラミッド状に広がっていきます。

 

この中で一番収入が多いのは会長で

これはどの世界でも同じです。

 

なので、組織がピラミッド形態だから上が儲かるという理由で

MLM・ネットワークビジネスを否定するのであれば

世の中のほとんどの組織を否定することになってしまいます。

 

また、健全なMLM・ネットワークビジネス会社には

ほぼ必ず収入の逆転の仕組みがあります。

 

これは大きな組織を作ることができれば

自分よりも先に始めた人より高い収入が得られる仕組みなので

一般の組織よりも公平であるといえます。

 

 

・関わる人が増えることで収入になるのは人を利用しているという誤解

英会話教室でも料理教室でも、私立の学校でも

すべて生徒が増えることで収入が増える構造になっています。

 

お客さんの数を増やすことで

利益を上げて存続するのはビジネスの本質です。

 

また、物を販売しているMLM・ネットワークビジネス会社では

どれだけ人を増やしても、その人たちが商品を買わなければ収入は発生しません。

 

あくまでも売れた商品の数に応じて

報酬が支払われるビジネスであり

ただ人を増やせば儲かるわけではありません。

 

まとめ

MLM、ねずみ講、悪徳マルチ商法についてお伝えしましたが

まったく違うものだということがわかると思います。

 

やはり、ネットワークビジネスを実践するにあたって

一番重要なのは会社選びと誰のグループに所属するかです。

 

ドテラのビジネスは

必要なものを必要な人に紹介するだけなので

無理な勧誘をする必要もありませんし

 

特にノルマが設定されているわけでもなく

買わなくても文句を言われることもありません。

 

そして、多くの実践者が躓くであろう集客ですが

紹介したい人と自分とアップの人の予定を合わせたり

わざわざ説明会に行く必要があったり

紹介できる人数に限界があると思います。

 

しかし、僕たちのグループは

インターネットとネットワークビジネスの融合

ということで

 

ネット上で集客をして

このサイトの管理者でもあるkenさんが作って下さった

ウェブセミナーを見てもらうだけです。

 

つまり

予定を合わせる必要もなければ

説明をする必要もないので

やることは集客するだけなのです。

 

その集客に関するノウハウも

kenさんが以前販売していた教材を無料で提供してもらえて

無料でコンサルまでしてもらえます。

 

詳しい詳細については

アドレスを登録して頂くと

動画が送られてくるので

気になった方は見てみてくださいね。

 

コンテンツマスター塾ZEROの詳細はこちら

 

【参考記事】

従来のネットワークビジネスの方法では稼ぎにくい理由とは?

ネットワークビジネスの違法な勧誘の実態とは?

この記事を書いた人

シャンピニオン
シャンピニオン
元社畜で毎日15時間働く生活でしたが
このまま仕事だけで人生を終えるのは嫌だと思い
ブログアフィリエイトで人生を変えた僕ですが

安定という意味では、やはり収入に波があるので
どうしたものか・・・と悩んでいたところに
ドテラのビジネスに出会いました。

ネットワークビジネスであるにも関わらず
集客がネット上だけで完結する上に
稼ぐことが優先であることがほとんどなのに
圧倒的な商品力の高さを魅力に感じ

これなら成功できないはずがない!

と、意気込んでビジネスとして始めましたが
今ではすっかり愛用者です(笑)

とは言っても
商品についてはまだまだ知らないことだらけなので
知ったことや感想等をお伝えできたらと思います。

詳しいプロフィールはこちら

シャンピニオンの記事一覧はこちら




ドテラについてのお問い合わせ

・ドテラの商品をお得に購入したい
・ドテラの商品に興味がある
・アロマを使ったお仕事がしたい

などドテラについて知りたいことがある方はご遠慮無くご相談ください。

あなたにあったドテラライフをご提案できます。

また「問い合わせたら無理に商品を購入さられた」
なんてことは絶対ありませんのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから



スポンサードリンク