こんばんは、シャンピニオンです。

 

不労所得の夢をみて参加する人が多いネットワークビジネスですが

実際に稼げている人がほとんどいないのが現状です。

 

なので、今回は

従来の方法では稼ぎにくい理由についてお伝えします。

 

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスとは、一言で言えば

口コミで商品やサービスを広めるビジネス

という感じです。

 

通常のビジネスなら、製品を製造・販売している会社があって

消費者がその会社の商品を買って使ったとしても

それが直接ビジネスに結び付くことはありません。

 

しかし、ネットワークビジネスは

良いと思った商品やサービスを人に紹介したり

販売したりすることによって

自分自身のビジネスにすることができるようにしたものです。

 

代理店やフランチャイズとしてどこかの会社の製品を販売する場合

加盟店や店舗が必要になります。

 

しかし、ネットワークビジネスはそれが必要なく

消費者の口コミがビジネスになる

というのが特徴です。

 

これが気軽にできるため、”参入はしやすい”という理由です。

 

ネットワークビジネスにはもう一つ特徴があり

自分が紹介した人から発生した報酬だけでなく

自分が紹介した人が誰かに紹介したことによって

発生する売り上げからも一定の利益が生まれます。

 

一定の利益というのがポイントなのですが

このような仕組みがあるために

ねずみ講やマルチまがい商法と混同されがちです。

 

しかし、商品や販売ネットワークを広げることで

利益を得ること自体は家元制度にもみられる合法的なものです。

 

従来の方法では稼ぎにくい理由

・商品が類似商品に比べて高すぎる

ネットワークビジネスで扱う商品は

ディストリビュータの報酬コストが上乗せされているので

市場の類似商品に比べて高いです。

 

ごく普通の水が1,000円以上したり

ごく普通の鍋が数万円以上したりするので

 

勧めても中々成約にたどり着けず

ノルマがあるので自分で購入する

という悪循環に陥ります。

 

購入したものの自分で使わないので

某オークションサイト等で出品している方も多いようです。

 

しかし、ドテラの商品は

”高品質のエッセンシャルオイルをどうすれば販売できるか?”

ということを考え、ネットワークビジネスを選んだだけなので

過剰な利益を乗せてはいないのです。

 

※ディストリビュータとは

身近な人がお気に入りの製品を小売りしたり

自分が活動しているビジネスを勧めたりしながら

人から人への製品の流通ネットワークを広げている人のこと。

 

 

・ネットワークビジネスにかなりの時間を割く必要がある

ネットワークビジネスはセミナーが多いです。

ぼくが説明会に行ってみたFLMという組織は

毎日なにかしらのセミナーが行われているようです。

 

内容は基本的に

・大成功している人の武勇伝

・勢いのある人のスピーチ

・モチベーションを保つための講義

など、かなり洗脳じみた内容でした。

 

参加は自由ですが

成功の秘訣はセミナーに参加すること

などと言われます。

 

もし、自分にダウンができたとすれば

付き添いで参加する必要があります。

一応、強制力はありませんが。

 

そして、このビジネスで成功したいなら

セミナーがないときはひたすら勧誘のアポを取らなくてはいけません。

 

アナログな営業も続きますし、セミナーにも参加するとなると

在宅で完結できないので、経費も時間もかなり浪費することになります。

 

このビジネスで脱サラを考えているなら

仕事以外の時間全てを捧げる覚悟が必要です。

 

しかし、ドテラはネット上で集客ができて

アドレスを登録してもらえれば

自動でウェビナーが開催されるので

自分がすることはネットで集客するだけです。

 

 

・報酬プランが複雑

ネットワークビジネスでは

バイナリシステムという仕組みを採用していることが多いです。

バイナリーとは、このように

枝分かれが必ず2つのラインで存在する構造のことで

 

自分の直下に2人つけることができて

その下もまた更に2人ずつついていきます。

 

本来のネットワークビジネスのシステムだと

バイナリシステムの場合2人と決まっています。

 

仮にCさんが自分の知り合いだとします。

 

本当なら自分の直下につけたいところですが

バイナリシステムではそれができません。

 

しかし、Aさんの下にはつけることができます。

 

これは自分にとってデメリットでは?

と思うかもしれませんが

 

グループ全体の団体戦で成績を上げることが

グループ全体のメリットになるようになっています。

 

なので、アップラインの人の裁量で

3人目以降は自分のダウンのどこにつけても良いことになっています。

 

つまり、営業力と行動力のある人の下につくと

自分のラインが自動的に構築されることになります。

 

自力じゃなくても他力でグループが構築出来て

自分のボーナスが増えたり、コミッションが支払われるシステムなので

 

このように、短期間で人が増えてグループになりやすく

アップの人が自分の下に人を付けてくれるというメリットがあるため

 

入会するだけで収入になるという勧誘トークが多く使われ

簡単にお金になると思って入会してしまいがちですが

 

バイナリシステムの報酬は

基本的にボリュームの小さいラインで計算されるので

二つのラインのバランスが難しく

ラインが片伸びする場合は報酬にならないため

結局は報酬が貰えなかったり、わずかだったりします。

 

なので、上がつけてくれると依存体質になっていると

自分からは動かず稼げずに終わってしまいます。

 

ドテラの場合は、ユニレベル

というシステムを採用しています。

ユニレベルは、ネットワークビジネスの報酬プランでも

一番基本的で初心者向きです。

簡単に説明すると

”あなたが所属するグループの売上の数%が収入になる”

といった感じです。

 

ユニレベルはとてもわかりやすい報酬プランで

誰でも同一の単価で公平で、頑張るほど報酬に反映されます。

 

各レベルごとの所属人数で大体の報酬が計算できるので

報酬までの道のりがイメージしやすいのでわかりやすいですし

 

初心者でも稼ぎやすい報酬プランではありますが

安定した収入を獲得するためには

グループ全体で毎月商品を買い続ける必要があります。

 

しかし、ドテラの商品は商品力が高く

ノルマだから買うのではなく、欲しいから買う人がほどんどです。

 

使用感は使ってみないとわかりませんが

きっと楽しく活動できると思います。

 

まとめ

もし、アナログな手法で成功を勝ち取ったとして

経済的に自由になったとしても

時間的にはそこまで自由ではないと思います。

 

僕たちのグループで活動すると

ネットで集客するための教材が無料でもらえて

無期限・無料でコンサルが受けられますし

 

自分とアップと見込み客の予定を合わせて

説明会に行く必要もないので

集客だけに全力を注ぐことができます。

 

詳しい詳細については

アドレスを登録して頂くと

動画が送られてくるので

気になった方は見てみてくださいね。

 

コンテンツマスター塾ZEROの詳細はこちら

 

【参考記事】

MLM ねずみ講 悪徳マルチ商法 何がどう違うのか?

ネットワークビジネスの違法な勧誘の実態とは?

この記事を書いた人

シャンピニオン
シャンピニオン
元社畜で毎日15時間働く生活でしたが
このまま仕事だけで人生を終えるのは嫌だと思い
ブログアフィリエイトで人生を変えた僕ですが

安定という意味では、やはり収入に波があるので
どうしたものか・・・と悩んでいたところに
ドテラのビジネスに出会いました。

ネットワークビジネスであるにも関わらず
集客がネット上だけで完結する上に
稼ぐことが優先であることがほとんどなのに
圧倒的な商品力の高さを魅力に感じ

これなら成功できないはずがない!

と、意気込んでビジネスとして始めましたが
今ではすっかり愛用者です(笑)

とは言っても
商品についてはまだまだ知らないことだらけなので
知ったことや感想等をお伝えできたらと思います。

詳しいプロフィールはこちら

シャンピニオンの記事一覧はこちら




ドテラについてのお問い合わせ

・ドテラの商品をお得に購入したい
・ドテラの商品に興味がある
・アロマを使ったお仕事がしたい

などドテラについて知りたいことがある方はご遠慮無くご相談ください。

あなたにあったドテラライフをご提案できます。

また「問い合わせたら無理に商品を購入さられた」
なんてことは絶対ありませんのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから



スポンサードリンク