こんにちは、桃太郎です。

 

暖かくなってくると昆虫の活動も活発になってきますね~(-_-;)

 

小さい時から庭の草むしりや、山に遊びに行った時など、虫除けに特に悩まされました。

 

アウトドアに限らず、もちろん室内でもです。

 

蚊は特に血を吸うだけでは飽き足らず、痒みという要らないお土産まで残してくれていきます (ーー;)

 

夜中の就寝時に蚊が入り込んだ時なんかは、もう地獄の一夜です。

 

 

そこでそろそろ虫除けスプレーを買いにいこうかな~、と思っていましたが、

今年は方針転換、もっといい物を見つけたので、それを使います!

 

それがdoTERRA(ドテラ)社のテラアーマーという天然のアロマオイルです。

アメリカではテラシールドと呼ばれているそうです。

(何で日本の商品名は違うのかが、よく分かりませんが(^_^;)

 

 

 

ドテラのテラアーマーなら赤ちゃんにも使える虫除け! 

私ももともとは市販の虫除けスプレーを使っていましたが、その主成分はディートという発がん性もある有害物質のある農薬なのです。

カナダでは規制されているそうです。

 

特に赤ちゃんなんかに使ったら危険です。

ディートは毒性が弱いとされながらも、小学生くらいまでは必要最低限で使用しなければならないんですよね。

 

なので健康上の問題を考えるとおすすめする事は出来ません。

 

だからこそドテラのテラアーマーなんですね!

 

安全な天然のエッセンシャルオイルで、赤ちゃんに使う事も出来ます。

 

しかもいい香り~~♫

 

香りのあるエッセンシャルオイルなので、虫除け用とは思えないくらいです。

 

 

 

ドテラのテラアーマーの虫除けに効果のある成分

テラアーマーは、何種類もの防虫・殺虫効果の高いエッセンシャルオイルの組み合わせで出来ているドテラ独自のブレンドオイルです。

 

ブレンド内容としては、

ヤシ油、イランイラン花油、テリアボク種子油、ベイヒバ木油、イヌハッカ油、エンピツビャクシン油、ユーカリシトリオドラ油、アオモジ果実油、バニラ果実エキス

といういろんな精油が入っていいるスペシャルブレンドです。

 

しかも効果持続時間は6時間!

 

普通の虫除けスプレーなら2時間程度です。

 

テラアーマーはそのまま皮膚に塗っても構いません。

私なんぞは無精なのでそのまま塗りますが、ボディローションやボディクリームに混ぜて伸ばしてもいいし、蚊取り線香の如く、ディフューザーを使ってもいいですね。

 

 

 

ドテラのテラアーマーでの虫除けスプレーの作り方

或いはよく使われるのは、それで虫除けスプレーを作る事です。

 

用意するのは先ずスプレーボトル、

そして精製水と無水エタノールですね。

薬局で買えますよ。

 

精製水と無水エタノールを入れる割合は大体、5:1くらい。

 

精製水が50mlなら、無水エタノールは5mlくらいですかね。

無水エタノールが苦手な人は入れなくてもいいです。

もっと言えば精製水でなくても、普通の水道水でもいいです。

 

それにテラアーマーを5~10滴ほど入れます。

 

なので一番簡単なのは水道水にテラアーマーを混ぜるだけですかね。

 

無水エタノールを入れると混ざりやすいのですが、なければよくボトルを振ればそれで混ざります。

 

ボトルをよく振って混ぜたら、スプレーでシュッと吹き付けるだけ。

 

簡単ですよね(´∀`*)

 

 

 

皆さんも是非、お試し下さい~♪

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

桃太郎
桃太郎
武道と昼寝が大好きな怠け者。
(現在は武道も見るだけ^^;)

かつて中国各地を回った経験から、旅好きになり、旅をしながら出来る仕事を求めてネットビジネスの世界へ。

夢はネットビジネスをしながら世界一周(^o^)/




ドテラについてのお問い合わせ

・ドテラの商品をお得に購入したい
・ドテラの商品に興味がある
・アロマを使ったお仕事がしたい

などドテラについて知りたいことがある方はご遠慮無くご相談ください。

あなたにあったドテラライフをご提案できます。

また「問い合わせたら無理に商品を購入さられた」
なんてことは絶対ありませんのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから



スポンサードリンク