皆さんは、シャンパンって好きですか?
 
 
シャンパンって、雰囲気的には気分がアガルのですが、基本ドライというか、シンプルな味なので、味的に女性の中にはあまり好きでない方もいらっしゃるかも知れません。
 
 
 
それにたくさん飲んでると、飽きてくることもありますしね。
 
私はシャンパン通なんてことはないのですが、このシンプルな味を変え、フルーティーな高級シャンパンに変えて、雰囲気を変える方法を思いつきました。
 
 
 
イタリアに「ミモザ」というカクテルがあるんですね。
 
 

 
ミモザ (mimosa) は、シャンパンベースのカクテル。
 
正式名称は『シャンパーニュ・ア・ロランジュ』
(オレンジジュース入りのシャンパン Champagne à l’orange)。
 
シャンパンにオレンジジュースを入れてステアするだけです。
 
氷を入れると、違うカクテルになります。
 
 
で、勘のするどいあなたは、
 
(これは、ドテラのオレンジのエッセンシャルアロマオイルを加えれば
 
ミモザ風シャンパンカクテルになるのでは)
 
と気がついたことでしょう(笑)
 
 
 
私がミモザを初めて飲んだのは30年程前(古いね)に、イタリアのフィレンツェにアパレルの仕入れに行った時に現地のバールでのことでした。
 
 
 
私たちの乗った2月出発の飛行機は、雪がどんどん降り積もる中、セントレアで足止めを食っていました。
 
全ての飛行機が欠航になった中で、私たちの飛行機だけが何故か飛び立ったことを思い出します。
 
 
現地のバールでは、どういったいきさつだったか、カクテル通の友人がミモザをみんなの分頼んだのでした。
 
飲んでみたら、めちゃうまでした。それ以来たまに飲んでるんですけどね。
 
その時に、「シャンパン入りパスタ」も頼みました。どうやって作るのか分からないですけど。
 
 
食事でショックだったのが、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナです。
 
フィレンツェ風ビーフステーキですね。
地元料理(このエリアの名前で、トスカーナ料理と言います)です。
 
高さ(厚さ)が3~5cmほどに切り分けられた牛肉で「Tボーンステーキ」とも呼ばれ、
 
Tの字をした形の骨の両側にそれぞれヒレとロースの部分がついています。
 
 オーダーするときは最低1kgから、というお店が多いです。
 
 
やばいでしょう。
いまなら、”いきなりステーキ”なんかの店でも出してるのかな?
俺のイタリアンとかでも。分からないですが。
 
ビステッカを注文すると、何も言わなければ「アル・サングエ(=血で)」という、
 
レア中のレアの状態で提供されます!
 
シンプルに炭火で焼いたお肉は、オリーブオイルと塩だけで十分な美味しさです。
 
大きさ・厚さを見ると、運ばれてきた瞬間にとても食べられない!と思ってしまいますが、
 
意外なことに結構ペロリと食べられてしまいます。
 
 
 
オーダーすると店の親父が、これでいいか?と生肉を持ってきます。
 
1KGです。
 
でも、食べやすいので、女性でも結構いけちゃいます(マジで)
 
 
だいたいイタリアの女の子はよく食うんです。男よりでかい子も多い。
 
観察してると、まず食前のアンティパストにプロシュートから始まり、
 
これですね。
 
何かのパスタ食べて、肉食べて、またパスタに戻ったりして。
 
その後は、店変えて、当然ドルチェ、お菓子を食べに行きます。
 
だいたいかなりの量の肉を食ってるのに、腹に入るんです。
当然僕らは、「どんだけ食うんや!!」と言ってました。
 
ティラミスやパンナコッタとか、懐かしいでしょう?
 
 
ちゅなみに、イタリアの女性は、浮気をしたら男性を殺すくらい暴れます。
カトリックだからでしょうか。それになかなか離婚は出来ません。
 
でも男性もひるんでいないのですね。
仕入れのコーディネーターの女性は、イタリア人と結婚して現地のかなり年上のおじいさんと住んでたのですが、そのおじいさんは、いつも私の同伴の女性の手を握っていましたからね。
豆ですが、キリストのカトリック教会とプロテスタント教会の違いをご存知ですか?
建物が豪華なのは、カトリック系です。またバチカンの直系です。
プロテスタント系は、簡素で、教会を個人的に運営してもいいんです。
 
 
そして、もうアパレル引退してるのでぶちまけますが、ついでに日本の輸入ブランドの値段の話をしましょうか。
 
当時円高でしたので、ドル円で89円くらいだったかな、当然リラも円に対して仕入れが安くなりますので、フェラガモの靴の輸入販売をしていた友達に同伴してイタリアに行って、ついでに何か仕入れをしようと思ったのです。
 
ブランドの倉庫はフィレンツェの郊外にありました。
そこは日本の商社が買い付けに来てるみたいで、棚にsold out の黄色いテープが張られ買い占めてありました。
 
その中の色々なブランドの現物を見てると、プラダがあったんです。
まだ、日本でそんな人気になっていなかったし、フェラガモとかより安かったので友達に
 
「メインはプラダ仕入れてくわ」
と言ったら、
 
「はあー、そんなビニールもん、どこがいいんや?」
と言われましたが、バッグを中心に買いました。
 
自分の店では、ついでの品揃えの商品でしたが、高く値段をつけたのに即効で完売でしたね。
で、日本の百貨店で3万程度のものが、8000円程度で買ったと思います。
 
今は、昔より輸入が盛んですから内外価格差はなくなっていると思いますが、昔は安かったんです。
個人の並行輸入でも十分利益が出たのでした。
今でも、金額が張るものは現地のショップで買った方が安いですし、日本にないものも結構あります。
 
例えば、BUYMA のことは全然分かりませんが、手数料を払う交渉をして、個人でも現地でBUYMAのバイヤーをしている人に付き合ってもらうのも手かも知れません。
 
後は、ショップ買いなら、ロスのアウトレットモールのバーゲンが世界で一番安いと聞きましたが、正確ではないです。
 
また、ドル円がいま110円ですが、日本の株式市場が堅調なうちは、まだドル高円安が続くはすです。
 
でも株式市場は必ず崩壊しますから、その後は円高が来ます。
となると、今度は日本人が海外旅行や、ブランドを爆買いしてやればいいんです、中国人に負けずに。
 
そのためには、がんばって仕事をして稼いでおきましょうね。
 
 
話が脇にはずれましたね。
 
ミモザ風シャンパンカクテルの話でした。
 
 
別に作りかたは、説明がいらないでしょう。
 
ドテラのオレンジのエッセンシャルアロマオイルをたらしてステアするだけです。
 
アロマオイルは何滴でも、好きなだけどうぞ。
 
 
 

この記事を書いた人

TAKA
TAKA
慶応義塾大学在学中に起業。

その後レディスアパレル事業を25年経営。
現在は、Webビジネスをしながらドテラに参加しています。

出会う方に話を伺いながら、学んでいきたいと思っています。

 

最新ネットビジネスの教材を無料で手に入れる

安全ですので安心してクリックください
 

または、ページ中盤か最下部の「無料登録はこちらから」をクリックし、メアド登録されますと、すぐにネットビジネスの教材サイトへのURLとパスワードが発行されます

 

ネットビジネスよりもアロマに興味がある方は、私が普段使っている”高級エッセンシャルオイル”が格安で手に入る公式サイトへご招待します。
会員登録するだけでアロマが割引価格で購入することができます

詳細はこのまま下のページへ進み、「ドテラ製品の購入はコチラ」をクリックして下さいい   
 ↓   ↓    ↓

 
全ての内容についてご質問があれば、「dotera.info についてお問い合わせ」とお書きいただき、

”yurizou24@gmail.com" すぐご連絡ください。

TAKAの詳しいプロフィールはこちらから
 




【ネットで副業】自宅で稼いでみませんか?

・子供の教育費
・マイホームのローン
・月々の生活費

「私たち一家の将来って大丈夫なの?」

って不安に思いますよね。

実はネットで副業って可能なんですよ。
うまくやればパートに出るよりももっと稼げちゃいます(*^^*)

でも問題はそういうネットビジネスの教材ってすごく高いんです。
2万、3万円は当たり前です。

そんなあなたにプレゼントです。

kenさんが以前9万9000円で販売していた教材を
無料であなたに差し上げます(*^^*)

しかも、無料でサポートまでしてくれます。

「信じられない!?」と思うでしょうが本当なんですよ。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




スポンサードリンク